むくむ理由は諸説ありますが、気温など季節による関連性もあるって聞いたことはありませんか。

むくむ理由は諸説ありますが、気温など季節による関連性もあるって聞いたことはありませんか。気温が上がって一日中汗をかく、この季節にこそむくみの原因が内在しています。
男女問わず浸透してきた頭皮ケアはスカルプケア(scalp care)とも言われるお手入れ方法です。スカルプは毛髪の症状の代表である「抜け毛」「薄毛」に密接に関わっていると同時に、顔のたるみにも影響を及ぼすといわれています。
アイラインなどのアイメイクを落とすときに化粧をきれいに落とさなければとゴシゴシと洗い続けているとお肌が傷んだり発赤などの炎症を起こして色素沈着へとつながり、目の下のクマの元凶となるのです。
肌の弾力を司るコラーゲンは、UV-A波やUV-B派などの紫外線を浴びてしまったり何らかの刺激を与えられたり、人間関係など精神的なストレスが澱のように溜まったりすることで、破壊され、なおかつ生成することが難しくなっていくのです。
押すと戻る弾むような皮ふのハリ。これを保っているのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、つまりは蛋白質です。スプリングのようなコラーゲンがちゃんとお肌を下支えしていれば、弛みとは無縁というわけです。

寝る時間が不足すると

寝る時間が不足すると人の皮膚にどういう悪影響を与えるのか分かりますか?その代表格はターンオーバー(新陳代謝)の遅れです。健康なら28日単位である肌の入れ替わるスピードが遅くなる原因になるのです。
例を挙げれば…あなたは今、パソコンを眺めながら頬杖をついてはいませんか?この体勢は掌の圧力をフルに頬へ伝えて、薄い皮膚に大きな負荷をかけることになるのです。
皮膚の新陳代謝が滞りがちになると、様々な肌のエイジング現象やトラブルを引き起こします。老けて見られるしわ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインがぼやけるたるみ・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、言い始めたらキリがないくらい大変なことになります。
ドライスキンとは、肌(皮ふ)の角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の量が正常値よりも低落することで、お肌(皮膚)にある水分が揮発し、表皮がカサカサになる状態のことです。
もう一つ、お肌のたるみに深く関わってくるのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情をするたびに伸び縮みする顔に張り巡らされている筋肉のことです。皮膚のコラーゲンと同じように、この筋肉の働きも歳を取るに従い鈍化してしまうのです。

メイクアップではアザなどを目立たなくすることにとらわれず、メイクアップの力を借りて結果的に患者さんが己の外観を受け入れて、復職など社会復帰すること、そしてQOLをもっと向上させることが理想です。
たとえば…あなたは今、パソコンを見つつ頬杖をついているのではないでしょうか?実はこの姿勢は手の平の力をめいっぱいダイレクトに頬に当てて、繊細なお肌に不必要な負荷をかけることに繋がっています。
下半身は心臓から遠い位置にあるため、重力が絡むことによってリンパの移動が滞留するのが一般的である。というよりも、下半身のむくみはリンパがやや滞留している最中だという印の一種程度のものだと捉えたほうがよい。
美肌に欠かせないコラーゲンは、UVに当たってしまったり物理的な刺激を頻繁に受けてしまったり、日々のストレスが徐々に溜まったりすることで、組織を壊され、更には生成することが困難になっていくのです。
この国の美容外科の歴史上、美容外科が「紛れもなく正当な医療分野」との見識を手中に収めるまでに、幾分か長い年月を要した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする